昔からよく「結婚式の主役は花嫁」と言われていますが、特に婚期を迎えて結婚式について興味深く考えている女性は、その言葉に大きく頷く人もいるのではないでしょうか。
結婚式は、晴れて二人が夫婦になったことを親戚や知人、友人にお披露目をして祝福してもらう儀式の一つ。主役は新郎新婦ではありますが、実はその親戚や知人、友人も主役の一人なのです。

ウエディングプランナーは、この点を忘れないようにしなくてはいけません。なぜなら、多くの新郎新婦は自分の希望ばかりを優先させようと考える傾向にあるからです。招待するには難しい日取りであっても、なかなか譲らない人もいます。
遠方からの招待客が多い場合、式の日程は重要な問題となるでしょう。会社勤めの人に平日での挙式参加は大変難しく、ましてや決算月など年度変わりの時期は仕事も多忙となるため、呼ばれても喜んで参加するというのは気持ち的に追いつかず大変です。しかし、そこまで考える新郎新婦は少ないようです。

こうした日程を決める段階での問題は結婚式には多く、担当するウエディングプランナーは双方にとって良い方向へ進むにはどのように収集すべきか悩むこともあるでしょう。
万が一にも、新郎新婦だけの希望を優先すると、先のように無理な日程であったり、参加しにくい日程だったりする場合、参列者が予定より少なくなり、新郎新婦の負担が大きくなることが考えられます。

もしものことや先々のことまで考えて、式の日取りや場所などを考慮する新郎新婦は少ないので、ウエディングプランナーは事前に細かい聞き取りを行い誘導することが重要です。どのような友人が多いのか、親戚はどの地方が多いのかといった、周りの人の情報も考える必要があります。その上で、新郎新婦の希望に沿うような形のプランを提案することが求められるのです。
その際にはいかにスムーズに話をするかといったトークの技術も必要不可欠のため、ウエディングプランナーには高いコミュニケーション能力も必要かもしれません。